最終回  世界が平和になりますように…

人間の生命活動は、大自然の営みの中で成り立っています。

 「そんな大げさなことは考えずに、その日その日が楽しく過ごせればいいじゃない!」

きっとみんなそう思うでしょう。
でも、最後にみなさんに、病気になる本当の意味を考えてもらいたいんです。 
 
 
もし仮に、“病気に悩まされる”ということがなくなったとしたら、この世の中はどうなると思いますか?

もし、美味しいものを好きなだけ食べても、病気にならないとしたら?

いくら食べても病気にならないのだから、ステーキ、トロ、うなぎ、伊勢海老、かに、フカヒレ、フォアグラ、キャビア、等など、好きなものを好きなだけ食べることが出来ますね。


でも、こういった物は無限にあるわけではないですよね?みんな生き物だし。


もし、世界中の人々が、食欲のおもむくままに、上記の食べ物を好きなだけ食べたとしたら、自然界はめちゃくちゃになっちゃいます。


少ない物を求めて、争いが起きます。
小さな争いが、やがて大きな争いへとつながります。

人間は、食べ物でケンカするんですね。
私も小さいころ、ドーナッツひとつをめぐって、弟と殴り合いのケンカをしたものです。(笑)

極端な例かもしれないですが、“病気”がこの世からなくなってしまえば、大変なことになるんです。

つまり、病気になるということは、自然からの我々へのメッセージなんですね。
病気は、その人の生き方を教えてくれているんです。

病気になったら、そこから何を学ぶか。そして、どう生き方を変えるか、なんですね。



最後に、お釈迦様の言葉を紹介いたします。

「この世に、一人でも肉食の人間がいれば、戦争がなくなることはない」

この意味が理解できるでしょうか?
前回の記事の内容と合わせて考えてみてください。


これで、このブログ、“最高に素敵な人生 健康編”は終わりです。

私は、これから“自分の準備”に入ります。
準備が整ったとき、またブログを始めるかもしれません。
そのときは、また見てやってください。(準備期間は、3年くらいを予定しています。笑)


今まで、たくさんのコメントをを下さったみな様…

みなこさん、さなちんさん、いるかさん、チットさん、suikaさん、平先生、かなさん、エミイさん、きたじまさん、毎挑さん、あんちちさん、いけだまさん、聖カノンさん、片道切符さん、マクドさん、タケさん、corsicaさん、ミスターながぐつさん、富山の社長さん、ゆさん、くろんさん、oyazy44さん、ジャイアンさん、亜吏嘉さん、やまおかさん、多能五輪さん、さっちゃんさん、リオパパさん、これあきくん、ポン太さん…

本当にどうもありがとう。
[PR]
by ietaka-karatsu | 2005-04-26 00:04 | 健康


<< ただいま返りました /(__)\ 4/23 自然の原理と人間の... >>