1/4 腎臓の話 その4

みなさま、あけましておめでとうございます。
本年度もよろしくお願いします。

さて、日にちがあいてしまいましたが、前回の続きです。

腎臓=生命の源 
腎臓に負担をかける行為は、自らの生命を削ることと同じ、という話でした。
そして、腎臓に負担がかかる行為を解説しました。

今回は、腎機能を維持するための、具体的な方法について解説します。

腎の機能を回復させる一番の方法は、睡眠です。
腎臓と睡眠はとても深い関係にあります。
その1でもお話しましたが、腎機能が低下している人は、睡眠の“質”が乱れます。

いくら寝ても寝たりない、寝つきが悪い、眠りが浅くすぐに目がさめる、夜中にトイレに起きる
などなど。

まずは、全体的な睡眠時間を増やすことです。
一度にたくさんの睡眠時間をとる必要はありません。昼寝を含めて、こまめに睡眠時間を確保しましょう。15分程度でもかまいません。眠いときに寝る、これが一番効果的です。

そして、もう一つの条件。
夜の睡眠の時は、空腹で寝ること。
これ、重要です。
内臓の機能は、睡眠時に回復します。体内に未消化物があると、内蔵を休めることが出来ません。寝る4~5時間前からは、物を食べないことです。

“寝る間も惜しんで仕事したい”
こういう人もいると思いますが、まずは腎の機能を回復させることを優先させてください。

腎臓の機能を回復させることで、徐々に睡眠時間が少なくても平気な体になってきます。
睡眠の質が高まるからです。

成功者に睡眠時間が少ない人が多いのは、やはり、腎臓の機能に関係があるようですね。

腎臓の話は、次回が最後です。
最後は、腎を補う食べ物、薬についてお話します。
[PR]
by ietaka-karatsu | 2005-01-04 15:58 | 健康


<< 1/7 腎臓の話 その5 12/31 腎臓の話 その3 >>