資格と言う名の呪縛 その七

資格があれば強い。
いい給料が貰える。
安定している。

世間一般では、そういうイメージがあります。

私も、そう親に教育されてきたし、当初はそう思っていました。
しかし、実際に社会に出てみると、世間一般のイメージとは全く違っていたのでした。

今回は、前回までのお話の総括です^^

まず、いい給料が貰える。
これは全くのウソ。


もちろん“いい給料”の基準を何にするか、また、どの仕事と比較するかによります。
ですが、基本的に、何をしていようが、どんな資格をもっていようが、収入はすべて本人次第


私の例で言えば、薬剤師にこだわっている限り、最初の給料から上がることはほとんどありません。
給料増を目指すならば、店長、エリア長、係長、部長と昇進していく必要があります。
つまり、普通のサラリーマンとなんら変わらんということです。

ちなみに、優秀なサラリーマンと優秀な薬剤師では、立場も収入もサラリーマンの方が上です。^^


収入の多さに、資格があるなしは全く関係ありません。
本田健さんの言葉をお借りすると…


ある人が提供したサービスの質と量 = その人の受け取る報酬


まさに、これがすべてだと思います。


では、もう一つの、“資格があると安定している”はどうか?

現在は、薬剤師不足です。
ですので、仕事の出来ない薬剤師でも現場で威張っていられますが、こんな状態が長く続くはずがありません。
将来かならず薬剤師が余る時代が来ます。

資格は時代の流れの影響をもろに受けます。
そして、もし法律が変われば、安定していたはずの資格が、あっという間に何の役にもたたなくなることだってありえます。

現に、薬剤師不足を解消するために、一般的な薬を扱える薬剤師の一つ下の資格が出来る方向です。


薬剤師として、ただ薬を出すという、毎日同じ作業を繰り返していれば、給料はもらえるかもしれません。
しかし、そこに自由や豊かさを望むことは出来ません。
仕事としての新しい発見や創造性も全くありません。

考えてみれば、新しいものを何も生み出さず、ただ単調に毎日同じことを繰り返しているのであれば、大幅な昇給や昇進が望めないのは、当然と言えば、当然ですよね。

そして、時代の流れや、法律に大きく左右されるのも、うなずける話です。


時代は確実に変化していきます。
それにともなって、自分も変化していかなければ、確実に取り残されていきます。


“安定とは変化だ”と誰かが言ってましたが、まさにその通りだと思います。



では、私が薬剤師の免許を取ったのは無駄だったのか?

いいえ。
もちろん無駄ではありません。
なぜ、私は薬剤師にならなければいけなかったのか。


そこには深い意味が必ずあるはずです。
その答えを今模索中です。
答えが出たら、またここに書きたいと思います。


皆さんは、今の仕事に付いたのはなぜですか?


いろんな選択肢がある中で、今現在、この仕事をしている理由。
それには、深いわけがあると思います。
その意味が見えてきたとき、“自分が生まれてきた、本当の理由”みたいなものがわかってくるかもしれませんね。


では、また。

写真は、私の職場の漢方相談室
c0015772_16164918.jpg

[PR]
by ietaka-karatsu | 2005-11-30 15:32 | 本質的なお話?


<< 39人死亡? 資格と言う名の呪縛 その六 >>