私が菜食になった理由 その①

菜食って?

わからない人のために、一応説明しておきます。
菜食主義 = ベジタリアン
肉、魚、卵など、動物性のものを食べない人のことをさします。
(ベジタリアンにも色々な種類がありますが、ここではその説明は省略します)


唐津先生はなんで菜食なんですか?


よく聞かれる質問です。


それに一言で答えるとすれば…


自分のためです。^^


そして、それが結果的に色々な利益につながります。

健康上の理由であったり…
経済的な理由であったり…
精神面での利益であったり…
周りの人のためであったり…

ひいては地球全体のためであったりもします。

えっ?ぜんぜんわかんないって?

そりゃそうですよね。
結論だけ書かれても、ピンときませんよね。
でも、一つ一つわかりやすく説明すると、とても長くなってしまうんですよ…

っと、まてよ。
長くなるということは、ブログのネタに最適ではないか。


というわけで、私がどうして、上記のような結論に至ったかを、遠い遠い過去を振り返りながら、語ってしまおうというふうに思ったのでした。^^



むかーし昔のそのまた昔。
私の小学生のころの食生活から、お話は始まります。

みなさんは小さい頃、大好きだった食べ物ってなんですか?
ハンバーグとか、エビフライとかカレーライスとかですか?


普通はこんな感じですよね。


でも、私が大好きだった食べ物はぜんぜん違います。


今考えるととんでもないんです。
恐ろしいです^^
ほぼ毎日食べまくっていましたから…



その大好きだった食べ物とはいったいなんでしょう?(;^_^a)

ヒント:私の最初の先生は、この食べ物を“毒の塊”と表現しました。^^
答えは、来週!
c0015772_1456137.gif

[PR]
by ietaka-karatsu | 2006-02-01 14:49 | 真実が隠れた!?物語


<< 私が菜食になった理由 その② お金はエネルギー? >>