私が菜食になった理由 その④

悪友。
悪いことをともに行なう友人とでも言いましょうか…


みなさんにもいるでしょうが、私にもいました^^


特別仲がいいというわけでもないんです。
ただ、帰り道が同じ方向だったので、よく一緒に帰りました。

で、こいつがどういうわけか、お金をたくさん持っていたんですよ、小学生の癖に…^^


学校の帰り道に小さな売店がありました。
その“悪友”と帰ると、いつもお菓子をおごってくれたのでした。


学校の帰りに、買い食いをするということが、みっともないという感覚はゼロ^^
それよりも、お菓子を食べたいという欲求が先走ってた。



今でこそ、そこらじゅうで見かけるコンビニ。
そのコンビには、私が小学生のころに初登場。
その後、あちこちで出店、といった感じでした。


そして、ついに私の通学路にも登場しました。
その名もコンビニエンス“いとう”  ^^


このコンビニエンス“いとう”で悪友が、ちいさな50円のミニカップラーメンをおごってくれた。


おいしかったー^^


次の日は、ミニではなく、大きいサイズのを食べた。
次の日は焼きそば。

その後、色んな味のカップラーメンを端からはじまで食べた。
カップラーメンだけでなく、おにぎり、パン、お菓子など、毎日たくさん買って食べた。


こうして、ほぼ毎日、悪友と学校帰りに“買い食い”をするようになった。


おこずかいは全部この買い食いに消えた。
時にはお金が足らなくなるくらい…


こんなときは悪知恵が働く。

母親にこんなことを言ってみた。

「お母さん、毎日朝早くからお弁当作るの大変でしょう?
僕、学校の途中で、おにぎり買って行くから、たまにはゆっくり寝てなよ」

もちろん、これは私の本音ではありません。^^
本音は、お弁当が死ぬほどイヤ。
そして、あまったお金を帰りの“買い食い”に使いたかったのであった^^


母親はこの話にのって来た。

500円をもらい、おにぎりを二個買って、残りの300円が買い食い代。 ^^

こうして、私の“買い食い習慣”が身にこびりついていったのでした。



やがて、この“買い食い習慣”が、私に大変な思いをさせることになるのであるが…

これは、また、べつの話 (王様のレストラン風^^)
c0015772_1538454.jpg

[PR]
by ietaka-karatsu | 2006-02-22 15:24 | 真実が隠れた!?物語


<< インフルエンザ? 私が菜食になった理由 その③ >>