1/22 身土不二(しんどふじ)

身土不二(しんどふじ)。

今日はいきなり難しい言葉からです。みなさん、この言葉の意味がわかりますでしょうか?
身体とその土地、及びその土地の食べ物は、不二であるという意味です。

極寒の地、アラスカに住むエスキモーの人々は、寒さをしのぐために、脂肪分の多い、鯨やアザラシの肉を食しています。
反対に、熱帯地方のパプアニューギニアに住む人々は、イモ類中心の食事で肉は食べないそうです。

もし、エスキモーの人々の食事と、パプアニューギニアの人々の食事を反対にしたら、どうなると思いますか?

どちらの人々も生きてはいけないでしょう。
このように、どの土地にもそれに見合った、食習慣や生活スタイルがあるのです。

我々日本には伝統的な和食文化があります。
玄米ごはん、味噌汁、漬物、野菜の煮物、納豆、豆腐、お浸し、エトセトラエトセトラ。

頭でっかちの栄養学的知識で食文化を乱すことで、かえって健康を損ねるのです。
[PR]
by ietaka-karatsu | 2005-01-22 02:39 | 健康


<< 1/25  食べ物の陰と陽 1/19 ダメだし栄養学 その④ >>