1/31 米よりパンの方が栄養がある?

米国は第2次世界大戦後、
食糧難の日本に、援助物資として小麦粉を配給しました。

ただし、条件をつけました。
「学校の給食に使い、子供にパンを食べさせよ。」

前回のきたじまさんのコメントからの引用です。

みなさんの給食は、パンが多くなかったですか?
同時に牛乳も広まりました。
「米は繊維ばかりで栄養がない。だから、パンを食べなさい」
というのが当時の理屈です。

“栄養学”は、歴史が300年程度。言っていることがすぐに覆ります。

“繊維は栄養ではない”という見解だったのが、今では食物繊維の重要さが強調されています。
紅花油に含まれる“リノール酸”がコレステロールの除去にいいとされ、多くの人が紅花油を摂取しました。
しかし、その後、摂り過ぎが有害とされ、宣伝されることはほとんどなくなっています。

現在も、オレイン酸がいいだとか、αリノレン酸がいいだとか、魚の油がいいだとか、次々に新しい情報が出てきています。
消費者も、新旧の情報に混乱しています。
しかし、これらの新しい情報もいつ覆るのかわからないのが現状なのです。

戦後に広まった食べ物は、すべて欧米の経済政策に関連しているといえます。
健康を考える上で、こういった時代背景を知っておくのも、重要なのかもしれませんね。

次回は、“牛乳神話崩壊”をお届けします。
[PR]
by ietaka-karatsu | 2005-01-31 01:25 | 健康


<< 2/3 牛乳神話崩壊 その① 1/29 アメリカの思惑 >>