2/9 外に向かう意識…

ある裕福な家庭がありました。
お父さん、お母さん、男の子の三人家族。そして、一匹の子犬を飼っていました。

ある日の夕食の時のこと。

お父さんが言いました。
「Aという国の山奥に住むある民族は、犬を食べるそうだよ」
「えー、信じられないわ。こんなにかわいい生き物を殺して食べてしまうなんて!」
とお母さん。
続いて息子が飼っている子犬にむかって、言いました。
「よかったね、お前はA国の山奥に生まれなくて…本当によかった」

「さあ、出来たわよ。おいしそうよー。食べましょう!」
「うわー、おいしそうだね、お母さん!」

その日のその家族の夕食のメニューは… 

牛ステーキでした。



人間の意識は常に外に向かいます。
ですから、他人のしていることや、外部の悪い行いにはすぐに目がいきます。そして批判したがります。
しかし、自分たちのしていることには、なかなか目が向かないんですね。

意識を自分の内面に向けること。
健康を考える上ではとても大切なことなんです。
いえ、健康に関してだけではありません。意識を内面に向けることで、今まで見えていなかったことが見えてくるようになるんですね。

このへんは、私もまだまだ未熟です。ですから、日々精進の毎日です。
[PR]
by ietaka-karatsu | 2005-02-09 11:20 | 健康


<< 2/12 確実にやせるダイエッ... 2/7 恥ずかしい話 >>