2/21 たんぱく質の話 その①

花粉はたんぱく質です。

おしべの花粉がめしべにくっついて、受粉します。生命の源は、たんぱく質なんですね。


我々は、外から入ってきたたんぱく質(生命体)に対し、拒絶反応を示します。
いくつか例をあげてみましょう。

・臓器移植をすると拒絶反応がおきます。

・血液型が違うと、輸血できません。

・蚊にさされると、赤くはれ、かゆみなどの炎症反応がおきます。

などなどです。

このように、我々の体は、自分と違う種類のたんぱく質を、元々受け付けない構造なんですね。

ここからが、メインです。

現代人はたんぱく質の摂り過ぎです。

つまり、普段たんぱく質を多く摂っている人は、色々な反応を起こしやすい体質になってしまうということなんですね。

これは、過去を少し振り返れば明らかです。

戦後の食生活の変化によって、花粉症が一気に増加しました。
それまでは、花粉症の人なんて、ほとんどいなかったんですね。
もちろん、杉の木は、そのころからたくさんありました。

悪いのは杉の木ですか?それとも…

次回は、たんぱく質がなぜ花粉症を引き起こすかを、さらに詳しくお話します。
[PR]
by ietaka-karatsu | 2005-02-21 10:33 | 健康


<< 2/23 たんぱく質の話 その② 2/19 花粉は友達、悪者じゃ... >>