2005年 01月 10日 ( 1 )

1/10 ダメだし栄養学 その①

現在の(食品に関する)健康情報は、みな栄養学が元になっています。

○○という食品を摂ったら、~病が治った!
~という成分が、あなたを若返らせる!
ビタミン○○をとれば、~が改善される。
などなど。

でもね、よーく考えてください。
これらは、病気や色々な症状を、ぱっと治してくれる、魔法の薬ではないのです。
食品です。単なる“食べ物”なんですよ。

つまりいくら体に良い物を摂ったとしても、体に悪いものを止めなければ、なんの意味もないということです。

ぐちゃぐちゃのごみだらけの部屋に、きれいなバラの花を飾っても、「うわー、きれい!」とは、誰も感じないのと同じことです。

テレビや雑誌の健康情報が、全てウソだとは言いません。
参考にする程度なら良いのですが、情報を鵜呑みにして、「効いた!効かない!」と論議するのは、ばかげていると思いませんか?

その前に、ごみだらけの部屋を掃除しましょう。
[PR]
by ietaka-karatsu | 2005-01-10 11:02 | 健康