2005年 01月 12日 ( 1 )

1/12 風邪のときの食事について

uraguchi10さんの質問にお答えして、今回は風邪のときの食事についてお話します。

いきなりぶっちゃけます。
風邪のときは、何も食べない方がいいです。

食べ物の消化は、みなさんが考えている以上に、すごくたくさんのエネルギーを使います。消化にエネルギーをロスすると、細菌やウイルスを退治する力が弱まります。

犬でも、猫でも調子が悪い時は食べないですよね。
人間も同じです。食欲だってあまりないはずです。
頭で考えて、色々やるのではなく、体の反応に素直に従えばいい。

体を温めて、ゆっくり寝る。風邪を治すのには、結局これが一番早いのです。
どうしても、おなかがすいたら、おかゆに梅干、うどんなど、消化のいいものを少なめに摂る。← おばあちゃんの知恵。

飲み物もあたたかいものにする。生姜湯なんかGOOD!
風邪の時に、“栄養を摂らなきゃ”という考えは、これまた栄養学的な、誤った考えです。
摂った栄養はすぐには利用されません。さらに、先ほどもいいましたが、消化にエネルギーを大量に奪われます。

よく薬局で、風邪薬と一緒に栄養ドリンクを飲む習慣がありますが、あれも実は、あまり良いとはいえません。

中国では、風邪のときに“体力補う生薬”を使うことは、「門をとじて、家の中に賊を残す」と例えています。
つまり、ウイルスという賊が体内に入ってきた。その賊と一生懸命戦っている。そんな最中に栄養なんか摂っている場合ではない、ということです。

さらに、生薬には、体を強烈に冷やすもの、強烈に温める物など、色々あります。
そういった、“寒熱の法則”を無視して、滋養強壮、栄養補給という考えのみで、栄養ドリンクをガンガン飲むのは、よくありません。
場合によっては、症状を悪化させます。

風邪のときは、体を温めるものを摂るのが基本です。
[PR]
by ietaka-karatsu | 2005-01-12 07:37 | 健康