2005年 01月 20日 ( 1 )

1/19 ダメだし栄養学 その④

「栄養つけなきゃ」
「しっかり食べないと…」

もっともらしく聞こえます。
我々はどうしても“不足”を補うことを考えがちで、“過ぎる”ことの害をあまり考えません。

ビタミンAは、摂り過ぎると有害なのをご存知ですか?
これをビタミンA過剰症と言います。

人参はビタミンAが豊富です。
では、人参をたくさん食べたら、ビタミンA過剰症になるのでしょうか。

いいえ。絶対にありえません。
だって、そうなる前に、お腹がいっぱいになって、人参を食べられなくなるからです。(その前に飽きますよね)
我々には、そういった“センサー”を、生まれたときから備わっているんです。
体の反応に素直に従えば、なにも恐れることはありません。

ところが、ビタミン剤などとして錠剤ににしてしまえば、いくらでも飲めてしまいますよね?
その結果が、過剰症ということになるのです。

ビタミン剤などのサプリメントにたよるのもいいのですが、現代は飽食の時代です。“不足”を補うことよりも、“過ぎる”ことの害を考えるべきなんです。

好きな物を好きなだけ食べられる世の中で、食い足りないなんてことはありえません。
我々凡人は、おなかいっぱいでも、目の前に果物やデザートがあれば、つい手を出してしまいます。

「しっかり食べなきゃ」
「栄養つけないと」

おかしくないですか?
[PR]
by ietaka-karatsu | 2005-01-20 02:52 | 健康