2005年 03月 12日 ( 1 )

3/12 肝臓の話 その⑤

前回、肝臓と血液はとても関係が深いというお話をしましたね。

肝臓は、毒物処理場です。
つまり、血液中の毒物や老廃物を処理するのが肝臓なんです。

肝臓で老廃物を尿に変換する。その尿が腎臓でろ過され、排泄されるんですね。

血液が汚れてくれば、肝臓に負担がかかります。
湿疹、皮膚炎は、肝臓で処理できなかった毒物や老廃物が、体表に現れた結果ととらえることができます。

肉、脂、砂糖の多い食事は、血液が汚れます。

汚れた血液をきれいにする方法は、上記のものの摂取を控え、水分をたくさんとることです。
水分といっても、ミネラルウォーターやお茶をたくさんとることではありません。
大切なのは、“植物に含まれる水分”です。

つまり、野菜、果物、海藻類をたくさんとることです。


湿疹、皮膚炎にとても有効な漢方薬を紹介します。

竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)

この漢方は、肝臓の機能を高め、血液中の毒物、老廃物を尿として排出します。
飲むことで、尿の出がとてもよくなります。

アトピー等皮膚炎、湿疹にとてもよく効きます。水虫にも有効です。(水虫は皮膚炎の一種)
脂肪肝、高血圧、肝炎などの方にも有効です。
目が赤い人、お酒が好きな人にもお勧めです。


歯ぐきのはれ、出血がある人。口内炎が良く出来る人は…

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

この薬は、胃腸、肝臓の熱を取ります。
主に顔から上の炎症に有効です。にきびにもいいです。


女性で、不正生理出血がある人。上半身がほてる人、のぼせる人…

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

血液をきれいにし、血流を良くします。


以上、5回にわたって肝臓のお話をお送りしました。
いつも読んでくれて、どうもありがとう。
                                     唐津
[PR]
by ietaka-karatsu | 2005-03-12 22:36 | 健康