2005年 04月 19日 ( 1 )

4/19 自然の原理と人間の営み

私の知り合いに、無農薬、有機栽培の野菜や果物にとてもこだわっている人がいます。

「なるべく人間の手の加わっていない、自然のものがいい」
「無農薬の天然ものがいい」

多くの人がそう考えています。
そのとおりです。間違いではありません。

人間の営みは、自然の原理や法則にしたがっています。
ですから、人間の手の加わったものは、天然のものに比べて、人体に有害と言えます。

このことを頭に入れて、以下のアドレスに公開されている映像をごらんになってください。


こちらをクリック


ここに公開されていること。

これが自然の原理に一番反していると思うのは、私だけでしょうか?

人間の手がここまで加わっている物は、他に存在しません。

「体にいい?」
「スタミナ元?」
「良質なたんぱく質?」

すべて後から無理やりくっつけている理由です。


このような最も自然に反する行いの結果が、人体に有益なものをもたらすでしょうか?


農薬、添加物、遺伝子組み換え野菜がとてもかわいく見えてきます。

癌、心臓病、糖尿病、高血圧。
肉食が多くの病の原因になっています。
最近では、狂牛病、鳥インフルエンザなどが、我々に肉食の有害性を訴えています。

しかし、それらの“自然の声”も多くの人には届いていません。
人類は、まだまだ、肉食の害に苦しむ必要があるのかもしれませんね。


今回の内容は、受け入れられない人もいるかもしれません。
それぞれで感じてくれればいいと思います。

人気ブログランキングへ
[PR]
by ietaka-karatsu | 2005-04-19 23:57 | 健康