2006年 03月 22日 ( 1 )

私が菜食になった理由 その⑥

続きです。

前回、書いたように、私は小学生の頃にいい思いではあまりありませんでした。


みんなの仲間はずれ。
かるーい、イジメのようなものにもあってました。(--)


中学に入っても、小学生の頃のつづきみたいなものでした。
なぜなら、中学生になっても、小学校のメンバーとほぼ同じ生徒たちだったからです。


小中ともに、楽しかった思い出はほとんどなーい。
思い出といったら、中学3年のころ、すごい大きな失恋をしたくらいですね。


まあ、失恋の話はまた別の機会にするとして、食べ物の話に戻りマース。



中学を卒業後、地元の高校に進学。

ここで、また、出会ってしまうんですね。



えっ、何にですかって?


もちろん、私を虜にしてしまう、食べ物にです。


いやー、これは本当ーに、やばいです。^^
カップラーメンも体に悪いですけど、それよりももっと体に悪い食べ物。


毎度言ってますが、ほぼ毎日食べてました。^^


いやー、これはもう本当に、やみつきになっちゃうんですよ。

特に男子は…


そのやみつきになっていた食べ物。

それを公開して、今回は終わりにしますね。


じゃーん。

これが、わたしがやみつきになって、のちにやめられなくて、大変苦労した食べ物でーす。

 
c0015772_14523987.jpg


名づけて、とんこつギトギトチャーシュー麺でーす。^^
[PR]
by ietaka-karatsu | 2006-03-22 14:51 | 真実が隠れた!?物語