2006年 03月 29日 ( 1 )

私が菜食になった理由 その⑦

c0015772_12292239.jpg


私が高校生だったある日のこと。
その高校の近くに、ものすごい行列ができるラーメン屋が登場したのでした。^^


はじめ見たときは、なんだこの行列はー、と思いましたね^^


今でこそ、行列の出来るラーメン屋は珍しくないですが、当時、私の住んでいた地域では、ラーメン屋に行列が出来るなんて考えられない。

ラーメンと言えば、昔ながらのしょうゆラーメンが主流。
どこにいっても、メンマ、わかめ、ナルト、チャーシューとのりがのったごく普通のラーメンが出てくる。
ちなみに私は、このしょうゆラーメンが大好きでした。^^


ところが、毎日開店から閉店まで行列ができるラーメン屋がいきなり出現。
しかも、なにやら、とんこつしょうゆラーメンなる、今までにないラーメンとのうわさ…


こりゃ、食べに行かないわけには行きませんよね?^^


30分位ならんだかな?
やっと店内へ。

メニューをみてまずびっくり。
なんとメニューはラーメンの一品しかない。後は大盛りとか中盛りとかしか書かれていない。


なんじゃこの店は?


出てきたラーメンを見てまたびっくり。


なんじゃー、このラーメンはー!


そのラーメンを一口食べて、またまたびっくり。


なんじゃーーー、この味はーーー!!!


今までしょうゆラーメンしか食べたことのなかった私の感想は、まさに「なんじゃこりゃー」の一言。
はっきりいって衝撃以外の何ものでもなかったですね、はい。



で、おいしかったの?



んー、おいしいも何もないですね。
今までにない味。衝撃。

これしか表現できません。
こんなのラーメンじゃないとさえ思いました。



ところが、次の日。
思ってしまうんですよ、人間は…^^



また、あの衝撃を味わいたいと…

こうして、二度、三度足を運び、ついにはやみつきになる。


人はこのようにして、食べ物に執着心をもっていくんですね~^^


そして、一度やみつきになったら、止められない。
これは、麻薬と一緒です。
かるーい中毒ですよ。


というか、当時は止めようなんて微塵も思っていないし…^^

もう、毎日、休み時間、学校の帰り、部活動の帰りに、このラーメン屋に行ってました。
はっきりいって、当時の私の体は、ラーメンで出来ていました。^^


よく太らなかったですね?


そうなんですよ、不思議です。

たぶん、若かったのと、毎日の激しい部活動の練習(野球部)のおかげだと思います。


ところが、高校生活は3年でお終い。
その後に来ました。

一気にぶくぶくと…^^


その後のお話は、また次回にします。
[PR]
by ietaka-karatsu | 2006-03-29 12:25 | 真実が隠れた!?物語