<   2004年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

12/31 腎臓の話 その3

前回は、腎臓に負担をかける行為 → 過度の性的行為
についてお話しました。
今回は、もう一つ、腎臓に負担をかける重要なお話です。

ズバリ、肉が多い(動物性のたん白質)食事は、腎臓に大きな負担をかけます。

現代人の食生活は、たん白質が多すぎです。
過剰な蛋白質は、分解して捨てるのに、肝臓、腎臓に大きな負担をかけます。

肉食獣のような、生活をしている人がいますが、そういう人は、腎臓にかなりの負担がかかっています。
動物の世界でも、肉食獣はみな体力がなく短命、そして凶暴です。逆に草食動物はみな体力があり、癒し系で長生きです。

人間も例外ではなく、肉が多い食生活は、切れやすく、落ち着きのない性格を作り、体力、生命力に乏しくなります。
性欲をはじめとする、欲望も増長します。

野菜、海藻類、果物類を増やし、蛋白質も出来るだけ、植物のものを利用しましょう。

もし、成功を目指すのであれば、その条件の一つに、“体力”も含まれるはずです。
草食動物に近い食生活をすれば、体力、集中力、記憶力、気持ちのコントロールする力、その他、たくさんのメリットを得ることが出来ます。

成功の条件として、食生活は重要です!
こういったところも、気を配れるかで、回りとの差がついてきます。

成功している人の多くは、食にあまり執着がないように見えるのは、偶然ではないようです。



本日が、今年最後の投稿となります。
このブログを尋ねてくださった方、本当にありがとうございました。
また、来年もよろしくお願いします。 カラツ
[PR]
by ietaka-karatsu | 2004-12-31 02:31 | 健康

12/28 腎臓の話 その2

前回の続きです。

腎臓 = 生命の源 という話をしました。

つまり、腎臓を酷使することは、自らの生命を削っているのと同じです。

[腎臓に負担をかける行為その1 過度な性的行為]

性的な行為は、腎臓に負担をかけます。
東洋医学ではごく普通の話ですが、西洋医学一辺倒の日本では、この考えはまだまだ一般的ではありません。

性行為は、自らの命を削り、新しい生命を作り出すということです。
過度な行いは、老化を早め、腰痛、ひざ痛、薄毛など、前回話した症状を引き起こします。
若いころの性行為過多は、老後にかなりの影響を及ぼすことに…

逆に言えば、性欲が強い人は生まれ持った“腎”の機能が高いということです。生命力が高い。

性的なエネルギーとクリエイティブなエネルギーはつながっています。
その性的なエネルギーを、性行為に使わずに、クリエイティブな方向に使えば、ものすごいパワーを発揮します。

“英雄、色を好む”という言葉があるように、創造性豊かな人は、性的なエネルギーを上手に利用しているのかもしれないですね。
[PR]
by ietaka-karatsu | 2004-12-28 16:35 | 健康

12/27 腎臓の話 その1

腎臓は人間の臓器の中でも、特に重要な臓器です。(東洋医学を学んだ人にとっては、当たり前の話ですが…)

腎臓=生命の源 と言われています。

つまり、腎臓に負担をかける行為は、命を削っているのと同じです。

腎の機能が低下すると、以下の症状が出てきます。

・腰痛
・トイレが近い
・性欲、精力の低下
・花粉症など、鼻炎
・ひざ痛、関節痛
・眠りが浅い
・いくら寝ても寝たりない、朝起きられない
・風邪を引きやすい
・歯や骨が弱く、もろい
・頭が薄くなる
・皮膚のかゆみ、乾燥、目の乾燥
・のどが渇く、唇が乾燥する

当てはまる人はいませんか?
次回は腎臓の機能を低下させる行為を解説します。
[PR]
by ietaka-karatsu | 2004-12-27 07:36 | 健康

12/24 原因と結果の法則

種を蒔けば、芽が出ます。
原因を作れば、それに応じた結果が出ます。

当たり前の話です。その当たり前の話を念頭において、次のことを考えて欲しい。

人の運命は、定められたものなのでしょうか?それとも、運命とは自分で切り開いて行くものでしょうか。

その答えは、どちらも正しいと言えます。

過去に蒔いた種は、取り除くことは出来ません。
つまり、過去に作った“原因”により、これから起こるであろう“結果”は避けることが出来ません。。
しかし、今から良い種を蒔くことは出来ます。
これからつくる“原因”により、未来の“結果”を作りあげることができるのです。

今現在の自分は、過去に蒔いた種の結果です。
そして、今、どんな種を蒔くかが、自分の未来を決めるのです。
[PR]
by ietaka-karatsu | 2004-12-25 01:39 | 快適生活

ワクワクする人生

小阪裕司さんによると、“ワクワク”という感情には、以下の3つの要素があるそうです。

① 気付きがある
② ジーンとくる
③ スカッとする

①の“気付きがある”とは、「新しい発見があった」、「悩みが解決した」、「なるほど…」、「そうか!」などの感情。

②の“ジーンとくる”は、「うれしかった」、「泣けた」、「感動した!」などなど。

③の“スカッとする”は、「気分が晴れる」、「面白い!」、「笑える!」、「大はしゃぎ!」などなど。

毎日がワクワクする。そんな人生が送りたいですよね
[PR]
by ietaka-karatsu | 2004-12-23 09:07 | 快適生活

どうせやるなら、楽しんでやれ

毎朝10時から、自分の会社の仕事開始。

午後7時、一旦帰宅し、娘と遊びながらの夕食。
そして、午後8時に再び出勤。
今度は、深夜0時まで薬局で調剤業務。

こんな生活をつづける毎日。

「朝から晩まで働いて、大変だね」
よく言われるセリフ。

いえいえ。私が尊敬する先生方は、もっともっとたくさん働いている。人の2倍のスピードで3倍働いている。それに比べたら自分なんて…

以前は、働くのが好きになれなかった。
生活のために、働かなきゃという意識が強かった。

そんな自分を救ってくれた一言が本日のタイトル。

やらねばと  肩をいからせ力むより
              どうせやるなら  楽しんでやれ
                           矢上 裕
[PR]
by ietaka-karatsu | 2004-12-21 13:57 | 快適生活

わけが解らず、ブログを始めてしまった…

本日のタイトル通り、わけ解らないまま、このブログを始めることになった…
さて、どうなることやら…
[PR]
by ietaka-karatsu | 2004-12-19 01:43