<   2005年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2/28 花粉症にはコレ!

前回は、陰陽のバランスの話でした。

陽が強く、陰が弱い場合、花粉症などの症状が出るという話でしたね。


陰と陽の話はわかりづらいですか?
何となくわかる、という程度でかまいません。

東洋医学は、西洋医学と違って、明確な答えはありません。
非常に感覚的で、あいまいです。でも、それでいいんです。
何となくわかれば、充分です。

陰と陽の感覚を、キーワードとして、もう少し挙げておきますね。

         陽                   陰
    
       熱                        寒
      エネルギー                 血液、体液
      交感神経                  副交感神経
      体の表面                    内臓
    体を温める食べ物             体を冷やす食べ物


なんとなくつかめましたか?

花粉症対策には、積極的に“陰”を補うという話でしたね。
“陰”を補う食べ物は、体を冷やす食べ物です。

野菜、果物、海藻類、酢の物、豆類です。
お勧めは、海藻類。

わかめ、もずく、めかぶ等々。
それから、黒豆の煮汁。
トマトもいいです。トマトジュースでもOK。

逆に、肉類、卵、油っこいものは控えましょう。
甘いもの、ジュース類も厳禁です。
甘いものやジュース類は、水分の代謝を悪くし、鼻炎を悪化させます。
お酒も同じです。飲んだ次の日は、かなりの症状が出ます。花粉のせいにしてはいけません。


最後に、お勧めの漢方薬を紹介します。
花粉症体質を変えたい方には…

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう) + 六味丸(ろくみがん)

荊芥連翹湯で、内臓の熱を取り、目、鼻、のどをすっきりさせます。
さらに、六味丸で腎臓の機能を高め、水分の代謝を高めます。


すぐに症状をやわらげたい方は…

葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)

これは、おもに、目、鼻、のどの炎症を和らげ、上半身の水分を、下半身へ運びます。
とりあえず、すぐに症状をよくしたい人には、お勧めです。


①の処方が特にお勧めです。現代人にとても適した組み合わせです。

しかし、すべては食生活の改善が基本になります。
いくら漢方薬を飲んでも、肉、卵、甘いもの、酒をガンガン摂れば、全く意味がありません。体質改善はほぼ無理でしょう。

逆に言えば、食生活をきちんと改善し、①の処方を上手に活用すれば、必ずよい結果が訪れるということです。 

PS 上記漢方薬は、マツモトキヨシ等のドラッグストアで手に入ります。おいてなければ、注文すれば、すぐに取り寄せてくれます。
値段は、一つの漢方薬、二週間分で、3000~4000円くらいです。
漢方専門薬局等で買うと高いです。            
[PR]
by ietaka-karatsu | 2005-02-28 15:07 | 健康

2/25 陰陽のバランス

東洋医学では、病気など、体調をくずしたときは、“陰陽のバランスのくずれ”が原因と考えます。

        陽(よう)  ≒  熱

        陰(いん)  ≒  寒

というイメージをもつと、わかりやすいでしょう。


例えば…

“陽”が強く、“陰”が弱い場合
上半身(特に肩から上)に、熱っぽい症状が出ます。(熱は上昇します)


鼻炎、胃炎、皮膚炎、目の炎症、口内炎、にきび、などなど。花粉症は、鼻炎の一種です。


赤くはれたり、痛みを伴うのが炎症ですが、炎症 = 熱 と考えるんですね。
上半身は熱っぽいので、下半身は逆に冷えます。


上半身の炎症。下半身の冷え。
現代人に多い症状で、悩んでいる方もたくさんいますね。


つまり、現代人の多くは、“陽”が強く、“陰”が弱い人が多いのですね。

上記の症状を改善するには、積極的に“陰”を補っていくこと。これがとても大切です。
花粉症の改善も同じです。


では、次回は、陰を補う食べ物や、花粉症に有効な漢方薬を紹介します。
[PR]
by ietaka-karatsu | 2005-02-25 06:54 | 健康

2/23 たんぱく質の話 その②

前回に続いて、たんぱく質の話です。
主に、肉、魚、卵、乳製品がたんぱく質です。

ところで、みなさんは、アミノ酸をご存知ですか?
最近は誰でも聞いたことがあると思います。

実は、たんぱく質は、アミノ酸がつながったものです。
わかり易く書くと…


アミノ酸ーアミノ酸ーアミノ酸ーアミノ酸ーアミノ酸ーアミノ酸ーアミノ酸ーアミノ酸


これがたんぱく質です。

私たちが摂った、肉や卵(たんぱく質)は、まずアミノ酸に分解されます。
それから吸収されるんですね。


・アミノ酸       ・アミノ酸     ・アミノ酸   ・アミノ酸(それぞれが吸収される)


ところが…
たまに、完全に分解されないやつがいるんですね。


      アミノ酸ーアミノ酸ーアミノ酸(三つつながっている)


これは、ポリペプチドといって、たんぱく質の一種なんです。
この三つつながった状態のまま、吸収されちゃうんですね。

すると、外部からたんぱく質が入ってきたわけだから、拒絶反応を起こすんですね。(前回の記事参照のこと)

つまり、普段から、肉、卵、乳製品等の、たんぱく質が多い食事をしている人は、この拒絶反応を起こしやすい体質になっていくんです。

だから、外部から入ってきた、花粉やほこりなどの、ちょっとしたたんぱく質にも、過敏に反応するようになってしまうんです。

特に日本人は、動物性のたんぱく質を、きちんとアミノ酸にまで分解出来ない割合が高いそうです。
日本人は、長い間、穀物、野菜、豆類を食してきました。
だから、戦後に広まった、肉や卵、乳製品は、日本人の体質に合っていないんですね。


はずかしながら、私も以前は花粉症でした。
それが、動物性のたんぱく質をいっさい摂らなくなってから、ピタッと治まりました。

私のように、一切摂らないというのは難しいかもしれません。
ですから、二日に一回は、動物性のたんぱく質を摂らない日をつくってみてはいかがでしょう?
これだけで、だいぶ違います。もちろん、減らせば減らすだけ効果があります。
チャレンジしてみてください。

今回は、少し難しかったですか?
次回は、花粉症について、東洋医学的な視点で語ってみたいと思います。
[PR]
by ietaka-karatsu | 2005-02-23 00:25 | 健康

2/21 たんぱく質の話 その①

花粉はたんぱく質です。

おしべの花粉がめしべにくっついて、受粉します。生命の源は、たんぱく質なんですね。


我々は、外から入ってきたたんぱく質(生命体)に対し、拒絶反応を示します。
いくつか例をあげてみましょう。

・臓器移植をすると拒絶反応がおきます。

・血液型が違うと、輸血できません。

・蚊にさされると、赤くはれ、かゆみなどの炎症反応がおきます。

などなどです。

このように、我々の体は、自分と違う種類のたんぱく質を、元々受け付けない構造なんですね。

ここからが、メインです。

現代人はたんぱく質の摂り過ぎです。

つまり、普段たんぱく質を多く摂っている人は、色々な反応を起こしやすい体質になってしまうということなんですね。

これは、過去を少し振り返れば明らかです。

戦後の食生活の変化によって、花粉症が一気に増加しました。
それまでは、花粉症の人なんて、ほとんどいなかったんですね。
もちろん、杉の木は、そのころからたくさんありました。

悪いのは杉の木ですか?それとも…

次回は、たんぱく質がなぜ花粉症を引き起こすかを、さらに詳しくお話します。
[PR]
by ietaka-karatsu | 2005-02-21 10:33 | 健康

2/19 花粉は友達、悪者じゃない その②

「お前が今日、窓あけっ放しにしたから、鼻水止まんないじゃないか!!」

「だって、あまりにも空気がこもってて…少しだけよ、開けてたの。」

「少しだろうが、なんだろうが関係ないんだよ!花粉症じゃないお前には、このつらさがわからないんだよ!」



上記の口論は、つくり話ではありません。
実際にあったお話ですが、この手のお話は少なくないようです。


めっちゃ悪者にされている“花粉”ですが、本当に花粉が悪いのでしょうか。


確かに、最近花粉症に苦しむ人が増えています。けれど、ぜんぜん平気な人もいます。
この違いはいったいなんでしょう?

生まれたばかりの赤ん坊で、花粉症の子はいません。
それがいつの間にか、花粉症になる。


そうです。実は、自分が花粉に反応してしまう体質になってしまったんですね。
自分でそういう体質を作った、というのが正確な表現です。


前々回あたりのブログでお話しましたが、人間の意識は外に向かいます。ですから、すぐに外部や環境のせいにしてしまって、自分に目が向かないんですね。


花粉が悪い!遺伝(先祖)が悪い!窓をあけといた、お前が悪ーい!みたいな…


それでいてすぐに、「何か花粉症にいいのないの?」となります。
ありません!そういう人は、何を飲んでも良くなりません。


何がいいとか、何が効く、ではなくて、自分を変えるしかないんですね。

“自分を変えるために、○○を活用する”

これが正しい方向であり、良くなるための第一歩なんです。

自分で作った、花粉症という体質を変える。ここからはじめていきましょう。

そうです。道のりは、決して短くありません。
けれど、これ以外に方法はありません。

「楽にぱっと良くなる」こういう考えはすてましょうね。


すてられましたか?では、次回から体質を変えるためのお話に入ります。

花粉はたんぱく質です。
体質を変えるためには、たんぱく質のことを理解する必要があります。

次回は、たんぱく質についてお話します。
[PR]
by ietaka-karatsu | 2005-02-20 00:37 | 健康

2/17 花粉は友達、悪者じゃない その①

ある薬局の花粉症対策コーナーにあったパンフレット。
 「早めにはじめよう花粉症対策」 ○○メーカー 製作

きれーなカラーのパンフレット。
花粉の元とになっている、杉の木やヒノキの写真が要注意!として大きく載っている。
そして、花粉症が起こるメカニズムが解説してある。

最後に、肝心の対策。
以下簡単に紹介します。

① 花粉の多い日は外出を控えましょう。
② 室内に花粉を入れないように注意しましょう。
③ 規則正しい生活を送りましょう。
④ 早めに適切な治療を受けましょう。

読んでて、「えっ」と思いませんか?特に①と②。
これはどう考えても無理でしょ!
誰も出来そうにないことを、さも大切そうに書いてある。
③④も具体的ではなく、ごく当たり前の話。

こういった、きれいなパンフレットや新聞記事は、とても信憑性が高く感じられる。
でもね、オーバーな表現かもしれないけど、これらのものも、けして神様が作ったわけではないんです。

つまり、が書いた物。
誰かが、必ず原稿を書いているんですね。

だから、どんなにきれいなパンフレットや、新聞記事でも、それを書いた人の頭の中がすべてなんですね。

世の中情報であふれかえっています。
正しい情報、有益な情報を得るというのは、本当に難しくなってしまいましたね。

長くなってしまいました。
今回はここまでにします。

次回から、私が考える花粉症対策について話して行きたいと思います。
[PR]
by ietaka-karatsu | 2005-02-17 07:41 | 健康

2/12 確実にやせるダイエットレシピ

今回は、前々回のcorsicaさんのリクエストにお答えしまして、一週間分のダイエットレシピをご紹介しましょう。

はじめにお断りしておきますが…

このレシピは、健康食レシピではありません。あくまでも、短期間でやせるためのレシピです。

私の推奨する健康食メニューとは違います。機会があれば、こちらもまたいつかご紹介します。

では、さっそく紹介しましょう!


<初級者>
1日目  朝  ゆで卵1個、グレープフルーツ半分、トースト1枚、コーヒー
      昼  ゆで卵1個、トマト、コーヒー
      夜  ゆで卵1個、きゅうり、ニンジン・セロリ等の野菜サラダ、酢漬けの野菜

2日目  朝  ゆで卵1個、グレープフルーツ半分、トースト1枚、コーヒー
      昼  ゆで卵1個、グレープフルーツ半分、コーヒー
      夜  牛ステーキ、トマト・セロリ等の野菜サラダ、酢漬けの野菜、コーヒー

3日目  朝  ゆで卵1個、グレープフルーツ半分、コーヒー
      昼  野菜サラダ、グレープフルーツ半分、トースト、コーヒー
      夜  ゆで卵1個、牛肉、セロリ、トマト、酢漬けの野菜、コーヒー

4日目  朝  ゆで卵1個、グレープフルーツ半分、コーヒー
      昼  野菜サラダ、グレープフルーツ半分、トースト1枚、コーヒー
      夜  ゆで卵1個、チーズ、ほうれん草おひたし、コーヒー

5日目  朝  ゆで卵1個、グレープフルーツ半分、トースト1枚、コーヒー
      昼  ゆで卵1個、ほうれん草おひたし、トースト1枚、コーヒー
      夜  魚、野菜サラダ、トースト2枚、コーヒー

6日目  朝  ゆで卵1個、グレープフルーツ半分、トースト1枚、コーヒー
      昼  フルーツサラダ(バナナ、りんご等。缶詰不可)
      夜  牛ステーキ、セロリ、トマト、野菜サラダ、酢漬けの野菜、コーヒー

7日目  朝  ゆで卵1個、グレープフルーツ半分、トースト1枚、コーヒー
      昼  冷えた焼き鳥、トマト、グレープフルーツ半分、コーヒー
      夜  野菜スープ、焼き鳥、トマト、キャベツ、セロリ、グレープフルーツ

<上級者>
上記メニューの一部を以下のものに変更する。

ゆで卵 → 豆類(黒豆、枝豆、そら豆等)
肉類、魚類、チーズ → 豆腐


注意事項

・期限は2週間。10キロやせた人もいます。(1週間でもいい)

・メニューに書かれているものは、必ず食べ、それ以外は食べない。もし途中で辞めたときは、必ずはじめからやり直すこと。
上記メニューを中心にして、自分でアレンジする人がいますが、そうするとうまくいきません。

・サラダ、野菜に使うドレッシングはノンオイルで。マヨネーズは禁止

・コーヒーはブラック。砂糖、ミルクはNG

・調理方法は、焼くか煮る。油は禁止。

・トーストもバター、マーガリンなし

・アルコールは禁止。お茶はOK

・太っている方は、陽性に傾いていることが多いので、メニューのほとんどが陰性食で、体をかなり冷やします。
やせている人が、さらにやせるためのメニューではありませんので、注意してください。

本来は、春先か夏に行うのがいいメニューです。
冬場は、体が冷えるので注意してください。

特に、今はインフルエンザが流行中です。
体が冷えると感染しやすいので、せめてインフルエンザの流行が治まってから、行うようにしてください。

本来は、短期間でやせるというのは、いいことではないんですね。
ですから、どうしても短期間でやせたい、と言う方にお勧めします。

では、また次回。
[PR]
by ietaka-karatsu | 2005-02-12 02:35 | 健康

2/9 外に向かう意識…

ある裕福な家庭がありました。
お父さん、お母さん、男の子の三人家族。そして、一匹の子犬を飼っていました。

ある日の夕食の時のこと。

お父さんが言いました。
「Aという国の山奥に住むある民族は、犬を食べるそうだよ」
「えー、信じられないわ。こんなにかわいい生き物を殺して食べてしまうなんて!」
とお母さん。
続いて息子が飼っている子犬にむかって、言いました。
「よかったね、お前はA国の山奥に生まれなくて…本当によかった」

「さあ、出来たわよ。おいしそうよー。食べましょう!」
「うわー、おいしそうだね、お母さん!」

その日のその家族の夕食のメニューは… 

牛ステーキでした。



人間の意識は常に外に向かいます。
ですから、他人のしていることや、外部の悪い行いにはすぐに目がいきます。そして批判したがります。
しかし、自分たちのしていることには、なかなか目が向かないんですね。

意識を自分の内面に向けること。
健康を考える上ではとても大切なことなんです。
いえ、健康に関してだけではありません。意識を内面に向けることで、今まで見えていなかったことが見えてくるようになるんですね。

このへんは、私もまだまだ未熟です。ですから、日々精進の毎日です。
[PR]
by ietaka-karatsu | 2005-02-09 11:20 | 健康

2/7 恥ずかしい話

実は、ほんの数年前までの私の体はひどいものでした。

体が硬く、腰痛持ち。肌には潤いがない。目は黄色く濁っていて、輝きがない。頭が重く、身体がだるい。覇気がなく、疲れやすい。気分が落ち着かず、イライラする。

そんな状態でした。
そのころはサラリーマンでしたが、仕事がとてもハードに感じ、休みの日は一日中寝ていました。

現在の体は、当時に比べ、一変しています。
気力、体力ともに充実。疲れをほとんど感じません。腰痛もなくなり、身体も軽く、かなり柔らかくなりました。
ハードな仕事をバリバリこなし、休みの日も精力的に活動しています。
精神的にも落ち着き、イライラすることもなくなりました。

身体の調子が良くなったことをきっかけに、色々なことに、とても良い変化が起きました。

一例をあげると… 
収入が上がった。頭の回転が速くなった。記憶力が高まった。身体的感覚が鋭くなった。周りの人からよく褒められるようになった。初めて会う人に、若く見られるようになった。奥さんとけんかしなくなった。子供の体も丈夫になった、等々。
自分でもびっくり。(笑)

数年前の状態から、現在の状態になるまで、気がついたこと、学んだことがたくさんあります。
私が実践して、よかったもの、効果か高かった方法を皆さんに、惜しみなく提供していきたいと考えています。

情報があふれている時代です。
前回、聖カノンさんがおっしゃっていましたね。
「いったい、何を信じればいいのかわからない」

全くその通りですね。
私は職業上、たくさんの健康情報を得る機会がありました。
はじめはすごく混乱しました。

「自分が学んできたことが、全く役に立たない」と落ち込んだり、悩んだ時期もありました。(当時は気がつかなかったのですが、実際に役に立たないことはないんです)
自分を否定したくないがために、他人と言い争うことも多々ありました。

しかし、今は、自分の体調の変化を通して、正しい方向が見えつつあります。
もちろん、私も完璧ではありません。
ですから、間違った情報を提供してしまうこともあるかもしれません。
その時は、遠慮なくご指摘ください。

私の健康への考えの原点になっている、良書を紹介します。

「自然治癒力を活かせ」 講談社 小倉 重成

私が一番尊敬している、お医者さんが書いた本です。
私はこの本で、健康に関する疑問はほとんど解けました。
すでに絶版ですが、健康関係に携わっている人には、重宝されている本です。
アマゾンで注文すれば、まだ手に入ります。(当然中古ですが)

その他に、解りやすい本をいくつか紹介します。

「ナチュラルダイエット」 Discover ハーヴィー・ダイヤモンド・著 弓場 隆・訳

食べ物について解りやすく書いてあります。乳製品についても触れています。
全米で1200万部のベストセラーです。やせたい人、必読!(笑)

「成功への9ステップ」内の健康編。 幻冬舎 ジェームス・スキナー

神田先生も推薦しています。成功者の視点で語られた健康情報です。


ついでに、牛乳の危険性を指摘している本も紹介しておきます。

「牛乳には危険がいっぱい」 東洋経済新報社 フランクオスキー 弓場 隆
「牛乳を飲むとガンになる」 ペガサス 医学博士 森下 敬一
「牛乳神話完全崩壊」 メタモル出版 外山 利通



今回は、長くなってしまいましたね。
最後までお付き合いくださって、ありがとうございます。
 
[PR]
by ietaka-karatsu | 2005-02-07 08:02 | 健康

2/5 牛乳神話崩壊 その②

牛乳は栄養満点です。牛の子供にとっては…

言うまでもないですが、本来、牛乳は、牛の子供が飲むものです。
それが、人間のために、薬品入りの餌で育った牛から、本来とはけた違いの量が搾りとられます。

このように自然に反して得られたものが、果たして本当に体に良いと言えるのでしょうか。

私たちは、「自然がいい、天然物がいい」などと、よく口にします。
そして、無添加、無農薬などには、すごくこだわります。
しかし、こういったことにはなかなか目が向きません。

牛乳は、“牛の血液が形を変えたもの”です。
人間は、外から入ってきたたんぱく質に拒絶反応を起こします。
当然、牛の血液に対しても拒否反応を示します。

特に日本人は、乳製品を分解できる酵素が少ないのです。(たんぱく質をアミノ酸レベルまで分解できないまま、吸収される割合が高い)
これは、食文化の違いから当然といえます。

これ以外にも、牛乳が体に良くない理由はたくさんあります。
ですが、しょせん理屈です。
“牛乳が体に良い”とも“悪い”とも、理屈では何とでもいえるのです。


牛乳が本当に体に良いのか?
この真実が知りたい人は、前回、私のブログにコメントをくださった、みなこさんの2004.12.21のブログを見てください。(一つ目のコメントの名前をクリックすれば行けます)

ここに、いくつかの写真が掲載されています。これがすべてを物語っています。
理屈などいりません。

この写真から、何かを感じとる人もいるでしょう。何にも感じない人も、もちろんいるでしょう。
それぞれで受け取ってくれれば、それでいいと思います。
[PR]
by ietaka-karatsu | 2005-02-05 02:42 | 健康